たいわんたんけん

台北をぶらぶらします

日本っぽいパンケーキやさん「Woosa」に行ってみた

先日、ブラブラとショッピングしていたときに、やたら混雑しているパンケーキの店を見つけたので、日を改めて行ってみました。

概要&行き方

今回行ってみたのはMRT台北駅に直結するQsquare(漢字名:京站)というショッピングモールにある「Woosaパンケーキ」という名前のお店です。店名に「パンケーキ」というカタカナの文字が入っていますが、日本にあるお店の支店…というわけではなさそうです。お店でもらったリーフレットを見ると「日本のパンケーキに感動して試行錯誤してこの店を立ち上げた」というようなことが書いてありました。(たぶん…何せ中国語初めて1ヶ月の読解力…)

今回行ってみた店舗は台北京站店という店舗ですが、他にも桃園三越站前店、台中大遠百店、高雄大遠百店、高雄時代百貨店だあるようです。どれもデパートやショッピングモール内にある感じですね。

台北駅は複数の路線が通る非常に大きな駅です。このQsquareというショッピングモールへは、MRT台北駅(MRTの場合「台北車站」と表記されます。)からが最も近く、MRTを降りて市民大道(大通りの名前です)方面出口から出ると地下1階で直結しています。WoosaパンケーキはこのQsquareの2階にあります。あまり大きなショッピングモールではないので、2階にあがってウロウロしてみると見つかると思います。

お店の様子&注文

いざ行ってみると、この日も順番待ちの人がかなりいました。白と青を基調にした洗練された空間です。壁に掛けられている写真には日本語が印字されているのが見えます。

f:id:fantasie_impromptu:20180830133409j:plain

お店の人に「1人」と告げると「15~30分待ち」と言われ、さらに「電話番号を教えてくれたら、順番がきたときに電話します」と伝えられました。(途中まで中国語でがんばりましたが、最終的に英語で会話しました…。)

この日はパンケーキを食べるために来たようなものなので諦めずに電話番号と名前を伝えて、しばしブラブラ。受付してから30分弱か、というところで電話をもらえたので、もう一度向かいました。

テーブルに通され、あたりを見ると女性グループかカップル、子連れでママ会しているグループがほとんどでした。前に行った東区にあるDazzling Cafeも「若い女の子向けだなぁ」と思いましたが、Woosaは若い女の子がメインターゲットではありつつも、子供や大人にもウケそうな雰囲気があります。またDazzling Cafeよりも勢いを感じます。おそらくこっちの方が2018年時点では流行の最先端。

メニューを開いてみるとパスタ、ハンバーガー等のカフェメニューもありました。ただ今回は店名にも掲げられているパンケーキ一直線。メニューにも日本語表記がされています。

f:id:fantasie_impromptu:20180830124145j:plain

どれもおいしそうだったのですが、季節限定の「マンゴーアイスクリーム パンケーキ」に決めました。台湾と言えばマンゴー!というイメージがあるかと思いますが(そのイメージは正しいのですが)、実は4月~10月しか出回らないんです。まだマンゴーの季節ではあるものの、7月ごろと比べると街でマンゴーを見かける機会もかなり減ってきました。今のうちに食べ溜めしておきたいという魂胆です。

実食

運ばれてくるまで結構待ちました。おそらくじっくり調理されているのでしょう。そして運ばれてきたのはこちら!

f:id:fantasie_impromptu:20180830130338j:plain

おしゃ~ん。

Dazzling Cafeの時は暴力的なボリュームだったのでヒヤヒヤしましたが、今回のパンケーキは一人で食べきれそうなかわいいサイズ。

まずはパンケーキ単体で一口、ぱくり。率直な第一印象は「めっちゃたまご!!!」でした。オムレツを食べているようなたまご感。中はフワフワを通り越して、メレンゲ…まさに雲を食べているような食感です。日本で流行っていたパンケーキを思わせます。甘すぎないので、(サイズがかわいいサイズなのもあると思います)30歳過ぎた大人でも楽しめました。アイスと食べたり、マンゴーソースかけたり、一口ひとくちの味を変えて楽しむこともできます。

何度か本ブログやInstagramでも言及しているのですが、台湾には意外にもおいしい洋食を扱うお店って少ないんです。パンケーキやワッフルも「味気ない…」ということもしばしば。そんな中、このフワフワでたまご感強めのパンケーキは、素材や調理にかなりこだわって作られているのではないかと想像します。

あえて残念だった点を言うと、マンゴーがしょぼかったです…。味が薄くてパンケーキ本体にかなり負けてしまっていました。季節のせいかもしれませんし、私の中で台湾に対するマンゴーハードルが高くなっていたせいかもしれませんが…。

今回食べたパンケーキはドリンク付きでNT$310でした。日本円に換算すれば1200円弱といったところで、コスパは日本とあまり変わらないかな、と思います。

パンケーキがハイクオリティだったので、台湾が苦手とする他メニュー(ハンバーガーやパスタ)もこのお店ならもしかすると期待できるかもしれません。今後、さらにメニュー開拓してみようと思います。

まとめ 

f:id:fantasie_impromptu:20180905121157p:plain

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村

初めてなのに懐かしい 台北駅近くのまったりカフェ

台湾では日本統治時代の古い建物をリノベしたカフェや店が多くあります。今日訪れてみたカフェ「the Island 二條通 綠島小夜曲」もそんなリノベ物件の一つです。

f:id:fantasie_impromptu:20180822135314j:image

行き方 

場所は台北駅の徒歩圏内で、中山北路という大通りから小道に入ってすぐのところにあります。が、あまり主張していないので、うっかり通り過ぎそうです。知らない人からすれば外観からは飲食店だとは気がつかないように思います。

f:id:fantasie_impromptu:20180822144824j:image

様子

「二條通」と書かれた和風の看板が目印で、日本にある古い家屋のような、懐かしい雰囲気のする建物です。

ガイドブック等によれば、日本統治時代に警察の宿舎として建てられたもので、その後日本人写真家が事務所として利用、そして2008年に台湾の建築家の方がリノベして2009年からカフェとしてオープンしている…とのことです。再利用に再利用を重ねていますね。

もちろん内装にも木造日本家屋の雰囲気があります。古い雰囲気を残しつつも全く古臭さは感じない洗練された印象です。

f:id:fantasie_impromptu:20180822141855j:image

ライトも暖色系で落ち着いた雰囲気を醸し出していますが、店の1階の奥の方には天窓があり、そこから日差しが優しく差し込んでいるため、店内は明るく爽やか。BGMは洋楽でした。正直もっとノスタルジー感レトロ感強めで喫茶店のような場所かと思っていたのですが、充分現代風な印象です。

f:id:fantasie_impromptu:20180822135835j:image

注文 

今日はランチタイム利用です。メニューは中国語表記と英語表記でした。食事としてはカレーライスとパニーニサンドがありました。チキンのパニーニサンド(テリヤキ味)をチョイス。食事にはアメリカンか紅茶がつきます。また、NT$120を超える飲みものについては差額を払えば注文OKと書いてありました。

注文してから調理しているようで、時間は少しかかります。しかしそののんびり感がこのカフェにはぴったりです。

f:id:fantasie_impromptu:20180822141616j:image

カウンター越しに調理場の様子をうかがうことができます。食器棚に並んでいる食器もかわいいなー。

実食

店の様子を眺めたり読書したりしながら待っているとほかほかのパニーニがやってきました。

f:id:fantasie_impromptu:20180822140805j:image

ボリュームたっぷり!肉も野菜もしっかり詰まっています。パニーニにはサラダかポテトのセットがついているのですが、台湾に来てから塩分が恋しい私はポテトを選んでしまいました。でもパニーニにも野菜たくさん入っていたのでオッケーオッケー、結果オーライ。

お皿のデザインもシンプルでおしゃれ。カトラリーがブラック系なのもいい。

 

さてさて肝心のパニーニサンド、味の方はというと、とっても美味しかったです。パニーニはサクサク、中身の味もしっかり。チーズがトロトロ。野菜もいろいろな種類が入っているので一口ごとに違う味なのも良かったです。チキンはテリヤキというよりタンドリー寄りな気もしましたが笑。でもそれはそれでおいしかったです。

ドリンク、ポテトがセットになってNT$350でした。日本円で1300円くらいですね。日本でもこれくらいの値段で同じクオリティのものが食べられるといった印象です。

 

本当はここで食べ終わって帰る予定だったんですが…パニーニサンドおいしかったのとカフェの居心地がいいのとで…デザートも頼むことにしてしまいました!

f:id:fantasie_impromptu:20180822142730j:image

頼んでしまったのはブルーベリーチーズケーキ(NT$150)です。何気に台湾で初めてのケーキ。チーズケーキだけれど(台湾の人の好みに合わせているのか?)甘くないさっぱり目な味で、ライトに食べられます。

 

あまりに居心地がよくて、読書もしながらなんだかんだ2時間近く居座ってしまいました。なお、Wi-Fiも使えてカフェとしてパーフェクトですね。ゆっくり長居できる、おばあちゃんの家のようなお気に入りの場所を見つけることができました。

f:id:fantasie_impromptu:20180822144933j:image

 

まとめ

f:id:fantasie_impromptu:20180823103824p:plain

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村

子供と台中に行ってみた(3)~新旧がMIXする台中~

台中シリーズです。ようやく台中に着きまして、滞在時間は限られていましたが、散策してみました。そこで感じたことを書きたいと思います。

(1)と(2)はこちら

前々回エントリ

songdao.hatenablog.com

前回エントリ

songdao.hatenablog.com

台中の雰囲気

これはまず高鉄台中駅についた時から思ったことなのですが、東南アジア出身と思われる方々が非常に多いと思いました。

高鉄台中の駅で子供をトイレに連れて行ったとき、その近くにムスリムの礼拝室がありました。台北では見かけたことがなかったので、なんとなく心に残ったのですが、その後東南アジア人(と思われる人々)を多く見かけたので納得しました。

台鉄台中駅の方へ行くと、さらに東南アジア人が多くいました。東南アジア人街もあるようです。台北ではほとんど台湾人しか見かけませんので、また別の国へ来たような感覚さえあります。観光をしているような様子ではなかったので、台中に住み、働いている人々なのではないかと推測します。

 

そして台中は思ったよりも静かな街でした。人通りも交通量も台北に比べれば少なく、ガランとして寂れたところもあります。駅のすぐそばには緑川という自然豊かでありつつも整備された川が流れていて、日本の温泉街のような雰囲気を個人的には感じました。

日本人向けのガイドブックには台中のフォトジェニックなシーンが多く切り取られていますが、あれは本当に一部にすぎません。ただ、古い街の中にそうした「新しい」ものが出てきているのも確かです。新しいものと、古いものが隣り合わせにいます。

例えばこちらの写真。

f:id:fantasie_impromptu:20180812120244j:plain

奥に新しいアーチ状の建物と、手前に古い歴史を感じる建物が並んでいます。これは両方とも台鉄台中駅です。もちろん奥が新しい駅で現在機能している方で、大きくて未来的です。手前が古い駅で、現在は駅としては機能していませんが、中に入ることができます。

こちらが旧台中駅の改札です。

f:id:fantasie_impromptu:20180812120010j:plain

1917年(日本統治時代)に建てられたもので、国定古跡にも指定されています。2016年に新台中駅が完成するまで現役だったようです。つい最近ですね。

f:id:fantasie_impromptu:20180812120138j:plain

レンガ式で日本の東京駅と雰囲気が似ています。これだけしっかり残してあるということは、リノベして何かに利用する計画がありそうな予感がします。(建築に全然詳しくないのですが。)

 

リノベと言えば、台北にもそこかしこにリノベカフェやリノベショップがあるのですが、台中にもあります。その代表とも言えるのが今はスイーツショップになっている宮原眼科や、カフェ等になっている旧台中市役所です。

f:id:fantasie_impromptu:20180812140023j:plain

こちらの写真は旧台中市役所の1階廊下です。レトロ感を残しつつも、オシャレでハイセンスにデザインされています。旧市役所自体は1911年(これもまた日本統治時代)建造で、1階がカフェ、2階はギャラリーになっています。カフェは「明治沙龍(めいじサロン)」と呼ばれていますが、実際には唐揚げ定食等が出てくる現代和食レストランという感じなので、日本人はわざわざ食べなくても良いかと思います。

f:id:fantasie_impromptu:20180812122617j:plain

ただ雰囲気はやはり素敵で、建物の中から外を見た風景がなんとなく気に入りました。外に見える景色は現代でありつつも、交通量も少なく少しゆったりとしていて、落ち着いた雰囲気があります。台北にはない時間の流れです。

 

日本のお盆休みということもあって、この日は台中にも日本人観光客が非常に多く、宮原眼科はかなり混雑していました。アイスは断念。せめて何かお菓子を買ってみようと思い、中に入りましたが、とにかくいろいろな種類のお菓子が…!目移りしてしまいます。さらにそもそも内装がオシャレ過ぎて挙動不審になってしまいます。よく「ハリーポッターの世界観みたい」と言われますが、本当にその通りでした。

結局、ベタではありますが、初回ということでまずはパイナップルケーキを買ってみました。

f:id:fantasie_impromptu:20180812162058j:plain

パイナップルケーキにも2種類ありまして、酸味のあるクラシカルなタイプ(写真右側)と品種改良された甘いパイナップルを使ったタイプ(写真左側)があります。パイナップルケーキにもまた伝統的なものと新しいものが用意されているとは新旧交わる台中らしい。どっちを買おうか決められなかったのですが、それぞれ6個ずつがセットになって販売(合わせてNT$400)されていたので、優柔不断な私はそれを購入しました。

ところで宮原眼科には日本語堪能なスタッフの方が多くいて、買い物で困ることは全然ありません。悩んだら気軽に相談するべし。どのお菓子もパッケージがオシャレなので、お土産に良さそうです。

パイナップルケーキの感想ですが、伝統的な方は酸味がある原種パイナップルを使っているということもあって、餡の味がしっかり主張してきます。生地との相性も良く、おいしいです。品種改良された方は酸味は全くありません。生地と味の境が曖昧に溶け合い、生地の味と食感の方が引き立つような感覚があります。夫と私は前者が、子供は後者が好みでした。味がはっきりと異なるので食べ比べとして楽しめました。

 

今回の台中訪問は非常に短時間ではあったのですが、来てみないとわからなかった台中の雰囲気を感じ取ることができました。台北でもレトロな街並みというものはもちろんあるのですが、台中のレトロ具合はまたレベルが違いました。

 

例えば印象に残った建物が一つあります。

f:id:fantasie_impromptu:20180812120634j:plain

写真右側に見切れているのが宮原眼科なんですけれど、大通り(この大通りの真ん中を皮が流れています)を挟んで向かい側にある茶色い巨大な建物、壁はボロボロに剥がれ落ちて窓もところどころ外れています。特に上部の展望階のような丸いフロアのところは窓が全面なくなって中の方も構造がむき出しになっているように見えます。

なんですが、そのむき出しのフロアにもTシャツを着た一般人がいるのが見えました。服装的には工事関係の人…ではなかったと思います。地震がきたら…と心配になってしまいそうな外観です。かかっている垂れ幕の漢字を拾い読む限り、再建計画があるようにも見受けられますが、低層階に入っているテナントは明らかに営業中でしたし…一体どういう状況なのだろう。中国語がわからないながらに調べてみると台湾のニュースサイト(?)にも取り上げられていました。

中市千越大樓都更 台灣大道側改劃「整建維護區段」 - 生活 - 自由時報電子報

再建計画がありつつも難航している?というように読めるような気がします。(違ったらすみません…早くわかるようになりたい…)

この建物が一番印象的ではあったのですが、他の場所でもところどころ老朽化が進んでおり、再建計画が湧き上がっているのではないかなぁ、と想像しました。また5年後、10年後には全く違った街の様子になるのかもしれません。

 

今回まわれた場所は台中駅の徒歩圏内でしたので、ほんの一部に過ぎません。私が見たもの感じたものもほんの一側面なんだと思います。

正直なところ、小さい子供がいるとこれ以上遠くに行くのは限界でした…。息子が慣れない場所にいるとぐずりやすいタイプというのもあるかもしれませんが…。 今後は「台中駅」以外の台中にも訪れてみたいと思います。

まとめ

f:id:fantasie_impromptu:20180816110315p:plain 

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村

コテコテにブリブリなカワイイカフェにいってきた

「台湾の原宿」と言われるという東区エリアを散策してみようと思い、ちょうどお昼時だったので、目に付いたカフェに入ってみました。

f:id:fantasie_impromptu:20180810145311j:image

綺麗なピンクのエントランスが目を引きました。ロイヤルハワイアンみたいな色です。Dazziling Cafeというカフェで、最寄り駅はMRT板南線の「忠孝敦化」です。

中に入ってもピンクが基調になっています。レトロなアメリカレストランのような雰囲気もありつつ、日本の原宿のような雰囲気もあります。

f:id:fantasie_impromptu:20180810150317j:image

椅子やテープル、お皿やコップまでデザインにこだわっているように見受けられ、まさにKawaiiを詰め込んだような感じです。このコテコテのブリブリ感、気に入りました。

そしてせっかくなので、思い切ったものを注文しようと思い、ハニートーストとキウイジュースを注文してみました。
f:id:fantasie_impromptu:20180810150255j:image

ハニートーストなんて、学生時代にパセラで食べたきりかもしれません。

店の中を見渡してみると、ティーンエイジャーか大学生か?というくらいの女の子のグループがたくさんいました。カップルやファミリーも。私のように3X歳が一人で来店しているのはかなりレアかもしれない…。

少ししてやってきました、ハニートースト。もうブリブリのハニートーストが!
f:id:fantasie_impromptu:20180810150247j:image

あぁ、なんか学生時代のノリで頼んでしまったけど、これ一人で食べきれるかな…という不安が頭をよぎります。後悔。

オロオロしていると、お店の人が「切りましょうか?」と英語で話しかけてくれて、食べやすいように切ってくれました。
f:id:fantasie_impromptu:20180810150251j:image
f:id:fantasie_impromptu:20180810150259j:image

ものすごく甘かったりしたらどうしよう、なんて思いつつ、食べてみると想像通りの味でした。パンはほどよくカリカリしていて香ばしいです。おいしいおいしい。カスタードとアイスクリームをつけながらパクパク食べすすめていると、やはりだんだんおなかが重くなってきます。一人では辛かったか…と思っていたその時。

 

なんとジュースも来てしまいました。
f:id:fantasie_impromptu:20180810150308j:image

しかも思っていたよりかなり大きい…。もっと小さいと思っていた…。ジュースも含めて全部食べられる?と不安になってきましたが、時間をかけてなんとか食べ終えました。 しかし明らかに一人分の量ではなかった。きっと女の子たちはシェアしてこれを食べるのでしょう。

会計は一人でNT$473になってしまいました。この量ならそりゃぁ…そうなりますよね。ハニトーはスイーツとして女性二人でシェアするのが適正ですね。ただ、お店に入るときに店員さんから「一人最低1ドリンクは注文して」と説明を受けたので、2人でハニトーだけというのはおそらくNGなのではないかと思います。

 

あとでググってみたところ、台北ナビにも特集されていたことがあるカフェでした。ただこの頃と内装や店員のコスチュームが違うので、リニューアルされたんですね。

www.taipeinavi.com

さらに興味深いと思ったのが

 台湾ではセレブとして有名な楊秀容さんは、ファッションマーケティングを学んだ後、国外のキレイなアクセサリーを台湾の人達にも知ってほしい!と思い立ち、2004年にアクササリーブランド「Dazzling」を立ち上げました。その後台湾国内のデザイナーとのコラボ商品を取り扱うようになり、今では店舗数も増えました。デザイナーは台湾女の子の憧れである孫芸芸や台湾版花より男子で人気になったF4の呉建豪(ヴァネス)など話題の方も!「Dazzling」は台湾女子のハートをがっちり掴んだわけです。それだけでは満足せず、『女の子はかわいいアクセサリーも好きだけど、可愛らしく温かい気持ちになれる空間も欲しているはず!仲のいい友達と楽しくおしゃべりしたりアフタヌーンティを楽しむ時間って大切な時間だから!』という思いから、2010年1月「Dazzling Cafe」をオープンしました。

ということで、台湾で有名なセレブの立ち上げたお店だったんですね。言われてみれば納得感があります。

 

予定以上にカロリー摂取してしまったので、この後とにかくたくさん歩いて消費しました。カワイイが好きな方は行ってみるといいのではないかと思います。ハニートーストだけでなく、パスタやピザ等のメニューもありましたよ。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村

富錦街に行ったら気になる音楽カフェを見つけた

富錦街(フージンジェ)にフラッと行ってみました。

f:id:fantasie_impromptu:20180805121607j:plain

ガイドブックの受け売りですが、富錦街はおしゃれスポットとして注目され始めているエリアだそうです。百聞は一見にしかず、ということで行ってみました。

f:id:fantasie_impromptu:20180805110748j:plain

確かに洗練されたカフェやセレクトショップが点在していました。

おなじみ日本のセレクトショップもありました。

f:id:fantasie_impromptu:20180805122556j:plain

f:id:fantasie_impromptu:20180805123833j:plain

ただ、正直なところ、自分としてはちょっと物足りない感じがしてしまいました。訪れたのが日曜日でオープンしていないお店もありましたし、時間の関係でエリア全体をチェックできたわけではないので、判断するのは尚早かもしれませんが…。

が、が、そんな中、ツボなお店を見つけてしまいました。

f:id:fantasie_impromptu:20180805122447j:plain

BEANS & BEATSというカフェなのですが、この日たまたまフリマをやっていまして!中に入ったら内装はカフェのまま、めちゃくちゃオシャレな衣類が破格で売られているではありませんか!!!

f:id:fantasie_impromptu:20180805122238j:plain

f:id:fantasie_impromptu:20180805122417j:plain

ただもう今もひたすら後悔しているんですが、ものすごい混雑と熱気だったのと、カフェだと思って覗いた店でフリマをやっていることに対する混乱と、夫と子供を炎天下で待たせているという状況とがあって、とにかくわけもわからず、なんにも買わずに帰ってきちゃったんですよ…!後悔後悔後悔…

あとで調べたのですが、このBEANS & BEATSというカフェはKAO!INC.という台湾の音楽レーベルが経営するカフェのようで、普段はCDショップも併設する音楽カフェとなっているようです。

今回私は真の姿を目にすることができなかったので、日本語で本カフェを紹介しているサイトを探してみました。

taiwan55.com

これを見たらますます気になるんですが…。普段の状態のカフェにもぜひ行ってみたい…!

気になりすぎてBEANS & BEATSのサイト(Facebook)を早速フォローしてみました。最新の投稿に「(今回のフリマに関して)久々にやっちゃうよ~☆」的なことが書いてあったので、どうやら不定期にフリマをやっている模様。次回はちゃんと調べてちゃんと参戦したいと思います。ただ地下鉄の駅から少し遠くて、サッと行けるような場所にはないんだよなぁ…泣

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村